電灯電力設備

確かなノウハウで、駅をいつも安全にもっと快適に

構内を明るく照らす照明や、運行時刻を伝える発車標、番線などや行先などを表示する電気掲示器、券売機、自動改札機、エレベーター、エスカレーター、駅併設の商業施設など、駅を安全で快適にご利用いただくための機器に電気を供給するのが電灯電力設備の役割です。さらに信号設備や通信設備への電気の供給も担います。

TEMSは電気を安定供給するための電源設備や、各設備に電気を振り分ける分電盤などの検査や修繕工事のほか、LED照明や蛍光灯といった照明設備の取替工事も行います。膨大な種類の設備・機器が対象となる電灯電力設備ですが、豊富な経験を活かして、そのすべてに対して確かなノウハウを構築しているのがTEMSの強みです。

検査

高圧変圧器検査

変電所から届いた高圧の電気を、駅の電気設備や線路沿線の信号機・踏切に供給できるよう低圧の電気に変換するのが高圧変圧器です。この設備が正常に機能し続けるよう検査を行っています。

分電盤検査

分電盤は、照明やコンセントなど各設備に電気を振り分ける設備で、駅構内やホームに多数設置されています。各負荷設備に漏電がないか、容量を超過していないかなどを定期的に検査しています。

工事

照明設備取替

駅のコンコースやホーム、事務所、踏切などに設置されている照明にはLED照明や蛍光灯などの種類、直管型やダウンライトタイプといった型式など、さまざまなものがあります。TEMSはこれら照明器具の取替工事を行っています。