変電設備

電気分野のスペシャリストが見守る、鉄道電気の要め

JR東日本やその他電力会社の発電所から届く電気は特別高圧といい、非常に高い電圧です。この特別高圧の電気を鉄道や駅で使うため用途に応じた電圧に変換するのが変電設備。加えて、どこかの設備で故障が起こった場合に、電気の流れを遮断することで他設備への障害拡大を食い止めるのも変電設備の重要な役割です。

各設備へ必要な電力を供給し続け、保護的役割も果たす変電設備は、いわば鉄道電気の要め。TEMSは変電所に電気分野のスペシャリストを配属し、用途に応じた電圧に変換する変圧器や電気を切る遮断器などの検査や修繕工事を正確に遂行することで、変電設備の安定稼働に寄与しています。

検査

変電所機器操作

鉄道電気設備は日々さまざまな検査や工事を行っています。変電所内にある電車や駅に電気を供給する機器を操作することで、作業する設備の電気を確実に停止しています。この機器操作により停電した安全な状態で作業することができます。

特別高圧遮断器検査

送電線と変電所の電源を切り離すための設備です。変電所には7,000V以上の高い電圧の設備があり、万一故障があると別の設備にも障害がおよびかねません。故障時に電気の流れを自動的に遮断できるよう、検査をしています。

直流高速度遮断器オーバーホール

変電所と電車線の電気を切り離すための設備です。他の電気設備への障害拡大を防ぐために、電車線の故障時に電気の流れが自動的に遮断されるように定期的な検査だけでなく、オーバーホールによる部品取替を行っています。