信号設備

鉄道の神経を高品質なメンテナンスで守り続ける

信号と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、青=進行、赤=停止などを伝える信号機でしょう。しかし、鉄道の信号設備はそれだけではなく、踏切、列車の進路を振り分ける転てつ装置、列車の位置を検知するための軌道回路、さらにはATS(自動列車停止装置)など、多岐にわたります。

膨大な数の設備が緻密に連動することで安全・安定輸送を支える信号設備は、鉄道の神経とも称されます。小さな不備が大きな事故や運休につながるため、TEMSは専門技術者を信号設備に配属し、高品質な検査や工事で一つひとつの設備を今日も守り続けています。

検査

信号保安装置検査

青や赤の表示で乗務員に進行・停止を指示する列車用の信号機です。正確な表示を維持するためのメンテナンス検査を行い、安全・安定輸送を支えています。

転てつ装置検査

電気の力でレールの向きを転換することで、走行する列車の進路を振り分ける装置です。異常が即、列車遅延につながるため、転換したレールの隙間の確認や、転換時の電圧や電流の測定などを入念に検査しています。

工事

踏切保安装置修繕工事

歩行者や車に列車の接近を音・表示・しゃ断で知らせる、おなじみの踏切です。警報機、しゃ断機、スピーカーなどの修繕工事を通じて衝突事故を防ぎ、踏切内の安全な通行に寄与しています。